燈門 二代目店主よりのご挨拶

燈門 二代目店主よりのご挨拶

お元気ですか??  元創徳庵・オレペコ企画の岸田コーイチです。

ご存知のこととは思いますが、中崎町・創徳庵は3月いっぱいで閉店いたしました。

そして創徳庵を閉めたあと、5月より、本町にあるミュージックスポット「燈門」の二代目マスターとして就任することが決定いたしました。

家庭の事情や自分の体調のことも考え、長年、食べるために兼業していたドライバー稼業も退職して、お店いっぽんでやっていくことを強く決心いたしました。

初代・店主の伊藤ともんさんが故郷・盛岡に帰郷、盛岡で新しい「燈門」を開かれるにあたり

現在のぼくの状況を察してくださった、ともんさんよりお店を継がせていただけるという

とてもありがたいお話しをいただき、就任させていただくこととなりました

今年52歳になります。人生は一度きり、もう二度とないようなこのチャンスを活かしたいと、自分の全てをかけたいと思っております。

お店自体はとてもコンパクトで10人も入ればいっぱいなお店ですが、初代・店主のともんさんが今まで創られてきた、とても格調のある空間で、この小さな空間に無謀にも、創徳庵のグランドピアノを入れます。やはりピアノで繋がったご縁がたくさんあり、またピアノ自体もみなさんに育てていただいて、また弾いてほしいと願っているからです。

小さな空間なので、創徳庵でやっていた規模の企画ライブは半分はできなくなりますが、ピアノをメインとして創徳庵で育ててきたライブをソロやデュオなどて今後継続して育てていきたいと思っています。

今後の予定は、5月にプレオープンをして昼はランチ、夜はライブorBARとして、5月中は全ての営業面において、いろいろ手探りをして、みなさんのご意見もいただき、みなさんと創っていきたいと願っております。ライブのほうは、親しい方々にご協力していただいて、実験的なプレライブを投げ銭スタイルで行い、そして6月より本格的にライブを行ってまいります。

創徳庵でやってきて、規模の大きいライブはオレペコ企画・音波舎が引き継いで、中崎町にある「コモンカフェ」や大正にある「スタジオ ティーボーン」などで企画を継続できればと思っていますので、声をかけていただければ幸いです。

またぼく自身もボーカリストとして、自分の演奏活動も今まで以上に頑張ってまいりたいと思います。

新しいお店をやるにあたっては、みなさんのご協力なくしてはありえません。ぼくはあえて恥を忍んでみなさんにあまえたいと思います。どうかあまえさせてください!!

この歳で独りで店をやるという無謀なアホなおっさんを応援してやってはくれませんか?? どうかどうかよろしくお願いします。

2018年4月  岸田 コーイチ

 

写真は右側が初代店主・伊藤ともん 左側が私・岸田コーイチ です